1. 三井ホームトップ >
  2. 会社情報 >
  3. 環境・社会活動 >
  4. 環境マネジメント >
  5. 2015年度環境活動と実績

2015年度環境活動と実績

効果減 …目標未達で前年より効果減 同等 …目標未達だが前年と同等以上の効果 目標達成 …目標達成

木資源の活用

環境目的/
中期目標(2016年度)
2015年度目標 2015年度環境計画
(具体的内容・方法など)
2015年度の実績 自己
評価

【資源調達】
持続可能な森林資源の調達を目指します。
(第一推進部会)

中期目標(2016年度)

合法性、持続可能性に関する社内調達基準達成率100%

合法性の確認できる木材資材調達の推進
・合法性の社内基準達成率
:主要構造材Ⅰ区分社内基準達成率100%
:主要木製品(・屋外木製品)Ⅱ(Ⅲ)区分社内基準達成率80%
(1)資材調達ガイドライン達成率の現状把握
(2)取引部資材メーカーへの調査実施、分析
主要構造材Ⅰ区分合法性社内基準達成率100% 目標達成
主要木製品(・屋外木製品)Ⅱ(Ⅲ)区分合法性社内基準達成率99.9% 目標達成
森林認証材の利用促進
・輸入構造材の森林認証率98%
・輸入構造材製材工場のCoC認証率100%
(1)輸入構造材、その他木製品の森林認証調査
(2)輸入構造材調達製材工場のCoC認証調査
・2015年度実績
:輸入構造材の森林認証率88%
:取引製材工場のCoC認証率95%
同等
リサイクル材の活用
・Ⅱ区分での利用率23%
(1)リサイクル材利用の向上策の実施 ・2015年度実績(Ⅱ区分)
リサイクル材使用率23%
目標達成
国産材の有効活用
・主要構造材(Ⅰ区分)における利用率10%
・主要木製品(Ⅱ区分)における利用率13%
(1)地域ごと供給可能エリアの利用を促進(Ⅰ区分) ・2015年度実績15% 目標達成
(1)フローリングの基材やその他壁・天井等の部資材について国産材利用を促進(Ⅱ区分) ・2015年度実績5% 効果減

【資源の有効活用】
産業廃棄物のゼロエミッション化を目指します。
(第二推進部会)

中期目標(2016年度)

住宅のライフサイクルにおけるゼロエミッション化達成率100%

ライフサイクルゼロエミッション化の推進
・ゼロエミッション化達成率97%
(1)分別の徹底とリサイクルルートの開拓によるリサイクル率の向上
(2)有価材の取引量の拡大(開拓および情報収集)
・2015年度実績:達成率88%(工場・新築現場・リフォーム・解体現場) 同等
木質資源の再利用促進
(グループ会社MHC工場、有価材を含む)
・マテリアル・リサイクル率88%
(1)マテリアル・リサイクル取引先の開拓
(2)端材管理の徹底
・2015年度実績:マテリアル・リサイクル率77% 同等
産業廃棄物総排出量の削減(新築現場)
・削減率(2005年度比)35%
(1)構造材のオールプレカットの実施
(2)プレカット・省梱包化・養生材再利用の検討と実施
・2015年度実績:産業廃棄物総排出量
25.0m3/棟(45坪換算)
:削減率10%
同等
産業廃棄物最終処分量の削減(新築現場)
・削減率(2005年度比)80%(現状維持)
(1)分別の徹底と有価材取引の拡大
(2)リサイクルルートの開拓によるリサイクル率の向上
・2015年度実績:産業廃棄物最終処分量3.2m3/棟(45坪換算)
:削減率77%
同等

環境性能・価値の創出

環境目的/
中期目標(2016年度)
2015年度目標 2015年度環境計画
(具体的内容・方法など)
2015年度の実績 自己
評価

【環境デザイン】
環境総合設計の実施を目指します。
(第三推進部会)

中期目標(2016年度)

環境設計ガイドラインに基づく環境設計提案率100%

環境設計提案の推進 (1)環境設計の普及・教育
・パッシブ・エコデザイン提案の推進
・LED照明提案の標準化推進
(2)省エネ関連法改正に対する設計システム対応
・環境設計のポイント、エコデザインコンセプトシートの全拠点での活用推進
・「環境配慮設計講習会」の実施(環境設計必須事項等)
:建物設計者−総受講者783名 受講率99.5%
・提案指針に基づくLED照明提案の推進を継続実施
:ダウンライト99.9% シーリングライト98.2%
・省エネ仕様変更等に対応できる設計システム改修実施
目標達成
環境に配慮した生活スタイルの提案 住まい方提案の実施
・スマートガーデンズの推進
・「緑と草花」プランティングを主とした推進活動実施
(環境設計勉強会とあわせて説明会を実施)
目標達成

【住宅の省エネルギー】
居住時のCO2削減を目指します。
(第四推進部会)

中期目標(2016年度)

居住時のCO2を削減する家を普及し、三井ホーム全住宅で50%削減

住宅居住時のCO2削減
:削減率44%(2000年度対比)
(1)CO2削減効果の把握 ・2015年度実績:CO2削減率35%(2000年度対比)
総量で5,595t-CO2削減
:次世代省エネ仕様以上(2×6ウォール含む)の住宅普及率97%
同等
(2)ZEH仕様の検証 ・高断熱躯体と省エネ機器、創エネ機器の組み合わせの確認
パッシブ技術の開発と定量化 各要素技術によるエネルギー削減効果検証実験 ・柏の葉実証実験住宅「MIDEAS」での高効率換気システムの熱交換率の性能検証、通風実験による室内環境への効果検証実施

住まいの長寿命化

環境目的/
中期目標(2016年度)
2015年度目標 2015年度環境計画
(具体的内容・方法など)
2015年度の実績 自己
評価

【維持管理システム】
住まいのメンテナンスプログラムの普及を目指します。

中期目標(2016年度)

住宅のメンテナンスプログラムの普及率90%

メンテナンスプログラムの普及
・普及率85%
(1)長期優良住宅の採用率の向上
(2)担当者向け勉強会の開催
・2015年度実績:普及率85%(2014年度実績:普及率72%) 目標達成
補修・点検システムの整備
・10年点検時メンテナンス工事実施率70%
(1)メンテナンス工事実施率の向上 ・2015年度実績:10年点検時メンテナンス工事実施率61%(2014年度実績:実施率61%)
・20年点検時の説明ツール整備
同等

【長寿命化技術】
ライフサイクル環境負荷の低減を目指します。
(第五推進部会)

中期目標(2016年度)

長寿命化技術による、環境負荷の低減

高耐久性部資材、工法の開発 (1)高耐久性部資材仕様の耐久性確認 ・耐久性能確認・運用開始 同等
耐久性の検証、補修技術の確立 (1)部品交換の技術手法確立 ・より簡便なサッシ交換方法の確立 同等

環境負荷の少ない企業活動

環境目的/
中期目標(2016年度)
2015年度目標 2015年度環境計画
(具体的内容・方法など)
2015年度の実績 自己
評価

【事業活動による環境負荷の低減】
(第四推進部会)

中期目標(2016年度)

継続した省エネ活動の推進

オフィス、モデルハウス、工場等での省エネ推進
・MHオフィス等削減率(2009年度比)6%
・MHC全工場削減率(2010年度比)5%
・MDT本社削減率(2010年度比)10%
・MHT本社削減率(2014年度比)1%削減
(1)オフィス、モデルハウス、工場等のエネルギー把握
(2)不要照明の消灯、空調の適正運転
・2015年度実績:MHオフィス等削減率20%(2009年度比)
:MHC全工場削減率21%(2010年度比)
:MDT本社削減率30%(2010年度比)
:MHT本社削減率0.5%(2014年度比)
目標達成
自動車エネルギー使用量の削減
・MH燃費改善(2014年度比)1.5%
・MHC燃費改善(2012年度比)6%
・MDT燃費改善(2012年度比)3%
・MHT燃費改善(2012年度比)3%
(1)MH実績把握、目標設定
(2)MHC協力工場近隣港への入船による陸路輸送量の削減
(3)MDTエコドライブの普及促進
(4)MHT低燃費車の導入促進
・2015年度実績:MH燃費改善6%
:MHC現場への納材に係る燃費改善9%、調達に係る燃費改善7%
:MDT燃費改善20%
:MHT燃費改善8%
目標達成

[略] MH:三井ホーム株式会社、MHC:三井ホームコンポーネント株式会社(グループ会社工場)、MDT:三井デザインテック株式会社(グループ会社)、
MHT:三井ホームテクノス株式会社(グループ会社)

目標と実績

■輸入構造材森林認証率の推移

輸入構造材森林認証率の推移

■ライフサイクルゼロエミッション化達成率
(グループ工場、新築現場、リフォーム現場、解体現場)

ライフサイクルゼロエミッション化達成率

■新築現場における産業廃棄物総排出量の削減率
※2005年度を基準(100)とした場合の削減率

新築現場における産業廃棄物総排出量の削減率

■居住時のCO2排出量の削減率
※2000年度を基準(100)とした場合の削減率

居住時のCO2排出量の削減率

■住宅メンテナンスプログラム普及率

住宅メンテナンスプログラム普及率