1. 三井ホームトップ >
  2. 会社情報 >
  3. 会社案内 >
  4. 沿革

沿革

三井ホーム 沿革
1974 日本でツーバイフォー工法がオープン化
三井ホーム株式会社設立
1975 ホームコンポーネント(株)(現・三井ホームコンポーネント(株))設立
モデルハウス第1号オープン
1980 カナダ・バンクーバー市に事務所開設
三井ホームサービス(株)・三井ホームインテリア(株)(現・三井デザインテック(株))設立
インテリアコーディネーター制度を発足させ全国に組織化
1982 ハウジングパートナー(販売施工代理店)を設立し、FC展開を開始
木造初の小屋裏利用3階建認可
業界に先駆けて全商品「10年間保証」を導入
1986 サム・コーポレーション(株)(現・三井ホームエステート(株))設立
1987 サムファイナンスサービス(株)(現・三井ホームリンケージ(株))設立
1988 (株)ユーアンドエー研究所(現・(株)三井ホームデザイン研究所)設立
三井ホームエンヂニアリング(株)(現・三井ホームエンジニアリング(株))設立
1989 アメリカ・ポートランド市にMitsui Home America,Inc.設立
米国住宅展「ストリート オブ ドリームス」にモデルハウス出展
1991 コンピューター設計システムCORE/EWS導入
1992 新百合ヶ丘研修センター竣工
カナダ・バンクーバー市にMitsui Homes Canada inc.設立
大手メーカー初の「10年目有料メンテナンス条件付20年保証システム(構造躯体)」を導入
1993 2月4日、東京証券取引所市場第二部に上場
ツーバイフォー付加型パネルの生産を埼玉工場で開始
1994 9月1日、東京証券取引所市場第一部に指定
1995 「阪神・淡路大震災2×4住宅3,568棟の記録」発刊
新工法による地下室付住宅「Max-150」を発表
1997 大手メーカーとして初の「賃貸住宅10年目有料メンテナンス条件付20年保証システム」を導入
免震システム「M-400」発売
1998 ホームテクノリサーチ(株)(現・三井ホームテクノス(株))設立
業界で初めて準防火地域木造3階建共同住宅を商品化
1999 売却時10年再保証システム「リ・ブライト」を導入
2000 「環境指針」「環境行動計画」を策定
環境共生住宅認定を取得
「住宅性能表示制度」に基づく性能を満たすことを示す住宅型式性能認定を取得
2004 耐火構造認定を取得
60年点検システム「キープウェル」を導入
2005 「新潟県中越地震の被害調査報告書」発刊
2009 「GフレームZ」を活用した戸建住宅商品「GLACENA(グラセナ)」で、「2009年度グッドデザイン賞」を受賞
2010 大手住宅メーカー初、木造耐火4階建住宅商品「MULTIS-4(マルティス フォー)」発売
2011 “高効率太陽熱ソーラーシステム(サンキュート)”、環境型住宅「green's(グリーンズ)」発売
高強度耐力壁「Gウォール」採用、「Gran Free(グランフリー)」発売
2012 高強度木造住宅システム「Gウォール構法」、高効率太陽熱ソーラーシステム「サンキュート」、地域の診療所を支援する開業システム「開業まるごとクリニック」で「2012年度グッドデザイン賞」を3点受賞
千葉県・柏の葉キャンパスエリアに実証実験住宅「次世代スマート2×4 MIDEAS(ミディアス)」完成
2013 都内初の「ツーバイフォー木造耐火建築(5階建て)」が「2013年グッドデザイン賞」を受賞
2014 工法名称を「ツーバイフォー工法」から「プレミアム・モノコック構法」に変更
進化した木造枠組壁工法「プレミアム・モノコック構法」、 健康空調システム「スマートブリーズ」、木造建築床遮音システム「Mute55(ミュート55)」で『2014年度グッドデザイン賞』を3点受賞
MHA Construction Inc(. MHAコンストラクション株式会社)を米国カリフォルニア州に設立
2015 暮らし方から考えるオーダーメイド「SONOMA(ソノマ)」発売

会社情報

TOPへ