テクノロジー

人と地球環境にやさしいから私たちが選んだのは木の家。

木の持つ優しい肌触り、柔らかな感触は、暮らしを心地よく包みます。
たとえば、人の体重を支える足にかかる負担は想像以上に大きく、
コンクリートや鉄など硬いものの上を歩くと、その衝撃から、疲れやすくなります。
これに対して適度な弾力性を持つ木の床は、足に優しく、疲労を和らげます。
三井ホームでは、このような木の「優しさ」に加え、「強さ」や「再生可能な資源」など、多岐にわたる能力に着目。
とりわけ世界最高レベルで管理されたカナダの木材を積極的に活用してきました。
環境に配慮した高品質なカナダの木材で、暮らしと地球に優しい住まいをお届けします。

CO2を吸収し、再生できる資源

2000年よりカナダでの苗木の植林活動を実施

鉄やセメントは製造過程で化石燃料を消費し、その結果、大量のCO2を大気中に放出します。しかし、樹木は、光合成により地球温暖化の原因となるCO2を吸収して炭素として固定。そして酸素を放出し、地球温暖化の抑制に貢献します。また、一度伐採した森林でも、計画的に植林を行い、手入れをしていくことで、数十年後には再びもとの姿を取り戻します。他の材料とは異なり、木は再生できる資源です。木の家に住むことは、地球環境を大切に守っていくことにも等しいのです。

住むだけで環境に優しい

「木」は住まいを守る強い構造材

カナダの木は、年輪が緻密で高強度

建物の構造材は、軽ければ軽いほど地震に対して有利です。木は、建物に用いられる鉄やコンクリートの構造材と比べて圧倒的な軽さを誇ります。また、木は鉄、コンクリートと同じ重さで比較すると、引っ張る力に対しては、鉄の約2倍、コンクリートの約60倍、圧縮する力に対しては鉄の約2倍、コンクリートの約7倍の強度があります。つまり、軽くて強い木は建物の構造材に適しているのです。その中でも、寒く過酷な自然環境に育まれたカナダの木は、樹齢が100年以上のものが多く、年輪が緻密で高強度。三井ホームは、さらにそのカナダの木の中でも海からの塩の影響を受けにくい内陸部の木にこだわり、長きにわたり構造材として使用しています。

選んだのは「木」

世界最高レベルで管理されたカナダの森林

三井ホームの構造用木材の主な調達先は、カナダのブリティッシュ・コロンビア州とアルバータ州。カナダの森林の93%は政府主導による徹底した森林管理体制のもと、原生林や生態系を壊すことなく、豊かな森を維持するための計画的な木材の伐採と植林が行われています。三井ホームは、こうした持続可能な森林から木材調達を行うことで地球環境に貢献しています。

森林保護に貢献

森の恵みを継承するカナダの現地法人「三井ホームカナダ」

三井ホームは、年間の伐採量を森林の年間成長量以下に抑えるといったカナダの厳格な森林管理に早くから着目し、1992年カナダに現地法人を設立しました。現在、第三者機関による森林認証を受けた、持続可能な森林からのみ木材を調達しています。こうした背景には、森林資源を大切に考え、地球環境に配慮する三井ホームの想いがあります。

森林資源保護のための活動にも参加している三井ホームカナダ

それは、世界基準。

世界中で愛され続けているツーバイフォー工法