テクノロジー

人と地球環境にやさしいから私たちが選んだのは木の家。

木の持つ優しい肌触り、柔らかな感触は、暮らしを心地よく包みます。
たとえば、人の体重を支える足にかかる負担は想像以上に大きく、コンクリートや鉄など硬いものの上を歩くと、その衝撃から、疲れやすくなります。
これに対して適度な弾力性を持つ木の床は、足に優しく、疲労を和らげます。
三井ホームでは、このような木の「優しさ」に加え、「強さ」や「再生可能な資源」など、多岐にわたる能力に着目。
とりわけ世界最高レベルで管理されたカナダの木材を積極的に活用してきました。
環境に配慮した高品質なカナダの木材で、暮らしと地球に優しい住まいをお届けします。

CO2を吸収し、再生できる資源

2000年よりカナダでの苗木の植林活動を実施

鉄やセメントは製造過程で化石燃料を消費し、その結果、大量のCO2を大気中に放出します。しかし、樹木は、光合成により地球温暖化の原因となるCO2を吸収して炭素として固定。そして酸素を放出し、地球温暖化の抑制に貢献します。また、一度伐採した森林でも、計画的に植林を行い、手入れをしていくことで、数十年後には再びもとの姿を取り戻します。他の材料とは異なり、木は再生できる資源です。木の家に住むことは、地球環境を大切に守っていくことにも等しいのです。

住むだけで環境に優しい

「木」は住まいを守る強い構造材

カナダの木は、年輪が緻密で高強度

建物の構造材は、軽ければ軽いほど地震に対して有利です。木は、建物に用いられる鉄やコンクリートの構造材と比べて圧倒的な軽さを誇ります。また、木は鉄、コンクリートと同じ重さで比較すると、引っ張る力に対しては、鉄の約2倍、コンクリートの約60倍、圧縮する力に対しては鉄の約2倍、コンクリートの約7倍の強度があります。つまり、軽くて強い木は建物の構造材に適しているのです。その中でも、寒く過酷な自然環境に育まれたカナダの木は、樹齢が100年以上のものが多く、年輪が緻密で高強度。三井ホームは、さらにそのカナダの木の中でも海からの塩の影響を受けにくい内陸部の木にこだわり、長きにわたり構造材として使用しています。

選んだのは「木」

世界最高レベルで管理されたカナダの森林

三井ホームの構造用木材の主な調達先は、カナダのブリティッシュ・コロンビア州とアルバータ州。カナダの森林の93%は政府主導による徹底した森林管理体制のもと、原生林や生態系を壊すことなく、豊かな森を維持するための計画的な木材の伐採と植林が行われています。三井ホームは、こうした持続可能な森林から木材調達を行うことで地球環境に貢献しています。

森林保護に貢献

森の恵みを継承するカナダの現地法人「三井ホームカナダ」

三井ホームは、年間の伐採量を森林の年間成長量以下に抑えるといったカナダの厳格な森林管理に早くから着目し、1992年カナダに現地法人を設立しました。現在、第三者機関による森林認証を受けた、持続可能な森林からのみ木材を調達しています。こうした背景には、森林資源を大切に考え、地球環境に配慮する三井ホームの想いがあります。

森林資源保護のための活動にも参加している三井ホームカナダ

それは、世界基準。

世界中で愛され続けているツーバイフォー工法

アメリカでは正式名称をPlatformMethod (プラットフォームメソッド)、日本では「枠組壁工法」といいます。6種類の規格材のうち「約2インチ×約4インチ(ツーバイフォー)」材を主な基本構造材とすることから、ツーバイフォー工法とも呼ばれています。シンプルな構造でありながら、耐震性・耐久性・耐火性などに優れ、世界の様々な国や地域、気候・風土に対応する高性能な住まいを実現。北米からヨーロッパ、アジアなど、世界中に広く普及した工法です。

高いシェアと歴史的建造物が信頼性の証し

19世紀の北米で生まれ、200年以上の歴史を持つプラットフォーム工法(枠組壁工法)は、その後アメリカ全土に普及しました。ハリケーンが襲う南部、地震の頻発する西海岸、また高温多湿な地域や厳寒の北部など、エリアによって気象条件が異なるアメリカで、全住宅に占めるプラットフォーム工法のシェアは約80%もあり、建築工法の主流であることを物語っています。この工法が日本へ伝えられたのは明治初頭。札幌時計台や自由学園明日館など、築100年以上経ても美しい姿をたたえる建築物が残され、優れた耐久性を日本でも実証しています。

技術を磨き 「プレミアム・モノコック構法」へ

三井ホームは、1974年の設立以来、日本でのツーバイフォー工法(枠組壁工法)のリーディングカンパニーとして、耐震性、断熱性、耐久性など優れた基本性能を日本の風土や気候にあわせて進化させるとともに、常に研究を重ね、数多くの実績を積み重ねてきました。そして 、これまで40年間に渡り培ってきた技術を「プレミアム・モノコック構法」へと昇華(進化)させました。

進化した木造壁構法「プレミアム・モノコック構法」。

「プレミアム・モノコック構法」は、床・壁・天井の6面体を1単位として空間をつくる「枠組壁工法」に、三井ホームオリジナルの「DSP」「BSウォール」「マットスラブ」を加えた最新構法。長年の研究から生まれたテクノロジーの粋を、屋根・壁・基礎に集約した、三井ホームならではのモノコック構法です。この「プレミアム・モノコック構法」の開発により、一般的なツーバイフォー工法をはるかに凌ぐ、理想の住まいをお届けします。
※一部、寒冷地域ではプレミアム・モノコック構法に適応する独自技術が異なります。

基礎 マットスラブ 独自の超剛性ベタ基礎

2.67倍の高密度配筋 従来比2.67倍という圧倒的な鉄筋量により高強度・高剛性を備えた基礎。
一般的な住宅の布基礎は“線”で支える構造です。対して、三井ホームは、地盤への荷重を分散させる“面”構造の「マットスラブ」を採用しています。独自開発した「マットスラブ」は、床下全面が厚さ150o以上の鉄筋コンクリートに覆われた、基礎全体を一体化した信頼性の高い構造です。

従来の配筋

「マットスラブ」(超剛性ベタ基礎)

屋根 ダブルシールドパネル(DSP) 屋根断熱で、開放的な空間を実現

シンプルな構造で、優れた断熱性能と高い構造耐力を両立させた三井ホームオリジナル部材の「ダブルシールド(DS)パネル」。天井ではなく屋根そのもので日射熱を遮断し、小屋裏に熱がこもることがありません。また、2.4トンの荷重に耐える高い強度で、住まいを守ります。

ダブルシールドパネルとは

壁 ブロック・アンド・シームレスウォール(BSW) -継ぎ目がなく、災害に強い外壁-

三井ホームが独自に開発した外壁「BSウォール」は、「耐火性」「遮音性」「防水性」「対衝撃性」など、住まいを守るさまざまな性能をハイレベルに備えています。しかも継ぎ目がないので、外部からの熱や音の侵入を徹底的に抑制します。シームレスならではの性能と見た目の美しさを両立した魅力ある外壁です。

技術カタログ一覧
  • 三井ホームTOPへ
  • テクノロジーTOPへ