テクノロジー

高断熱・高遮熱 鉄は熱を逃がし、木は熱を制御する。

新しい基準「UA値」でも業界トップレベルの性能

2013年10月、「住宅・建築物の省エネルギー基準」が大幅に改正され、三井ホームはこれにいち早く対応。様々な視点から断熱仕様を見直し、最新の建築部材を導入しました。アルゴンガス入り高遮熱Low-E複層ガラスをはじめ、階間断熱に140mmのロックウールを採用するなど、断熱性能を大幅に向上させており、業界トップレベルの断熱性を有しています。 【標準仕様】UA値=0.43w/m2k

屋根の断熱構造材「ダブルシールドパネル」

高性能なDSパネル 三井ホームオリジナル部材の「ダブルシールド(DS)パネル」は、ビーズ法ポリスチレンフォーム(EPS)を、成長の早い広葉樹のチップを集成した強固な面材(OSB)で両面接着したサンドイッチ構造の環境にやさしい建築部材です。シンプルな構造でありながら、優れた断熱性能と高い構造耐力を両立させたこのパネルを、屋根の断熱構造材として標準採用しています。

高性能なDSパネル
DSP高断熱

外壁の断熱材「ロックウール」

ロックウールは、一般的なグラスウールより約1.3倍も断熱性が高く、さらに、耐水性や耐火性、施工性にも優れた素材です。 吸水実験 耐熱実験

高断熱・高遮熱を実現した窓

室内側のサッシ枠に、熱伝導率がアルミの1/1000の樹脂を用いたアルミクラッド樹脂サッシは、高い断熱性で冬の結露発生を抑えます。サッシの室外側ガラスの内面に特殊金属膜をコーティングし、また2枚のガラスの間には、乾燥空気よりも熱を伝えにくいアルゴンガスを充填した高遮熱Low-E複層ガラスを採用。当社の木製トリプルガラスサッシと同等の断熱性能で、冷暖房の負荷を軽減します。
室外側ガラスの内面に特殊金属膜をコーティング。

技術カタログ一覧
  • 三井ホームTOPへ
  • テクノロジーTOPへ
  • 快適・健康TOPへ

TOPへ