床を一段下げ、天井を吹き抜けにして大きな広がりをつくり出した、子世帯にある共用のリビング。2世帯が集うこの空間は、窓から入る陽射しがオレンジピールの塗り壁に柔らかく反射して、一層居心地のよさを高めている。

シャープな片流れ屋根とリズミカルに並ぶ窓が洗練された美しさをつくり出す外観。玄関は右奥にあるが、正面のビルトインガレージの木製ドアからも行き来ができる。

いつも家族の気配を感じていたいという奥様のご要望を反映し、大空間で見通しのよいプランを採用した、リビングとダイニング・キッチン。

お母様のお好きな白でさわやかにコーディネートされた、親世帯のダイニングとキッチン。中庭越しに子世帯のリビングが見え、庭の植栽が目を和ませる。

子世帯のキッチンは最新の設備をフル装備し、収納部もたっぷり用意。

室内から愛車を鑑賞するのが夢だったご主人のために、玄関を入るとガラス越しにガレージ内部が見えるように工夫されている。