三重県 K様邸
ご希望は“自然素材を多用した家”。外観には木や石などを使い、森を借景とすることで美しい風景を完成させた。内装は各エリアによって異なる樹種を用いて表情に変化をつけ、一方で先進の設備機器は目立たないよう格納するなど、素材感を満喫できる住まいとした。

三重県 K様

無垢材をはじめ、土の塗り壁や石などを多用した自然素材の家がわが家のテーマでした。樹種にもこだわりがあり、建築家、インテリアコーディネーターの方と一緒に、他県の銘木店まで見に行きました。キッチンの無垢の扉は、クリエイティブパートナーの皆さんがキッチンメーカーの担当者と交渉した末に実現したお気に入りのデザインです。また、自然素材の表情を損なわないようにと、プロジェクターやスクリーンを天井や壁面に格納する提案をいただいたり、素材の一番いい表情が出るようにライトコントロールを調整してもらえました。難しい注文もあったと思いますが、ほぼすべてに応えてくださり、とても満足しています。

プロジェクトリーダー

佐々木 直樹

インテリアコーディネーター

堺入 千里

建築家

祖父江 一郎

エクステリアデザイナー

藤田 博一