NEW STYLE COLLECTION
Natural Open Style
Laxuary Japanese Style

creator's voice

concept
伝統の知恵や知識を取り入れ、未来へつながる「今」をつくる。
伝統的な和のイメージ

未来へとつなぐべき“今”の住まいをつくる。その実現のためには、この国の伝統から2つのものを受け継ぐことが必要であった。そのひとつは、軒下や縁側、土間や三和土(たたき)、部屋の流動性などの空間的な要素。
そしてもうひとつが、版築や格子、和紙や黒漆喰などの素材的な要素である。これらを現代風に再構築しながら取り入れていった。つまり、大切なのは日本人が無意識に心地よいと感じる空間や素材を現代の技術と融合させ、しっかりと馴染ませていくこと。私たちは、昔、祖父などの家で遊んでいて感じたような心地よさを、まだ忘れてはいないと思う。私たちと同じあの気持ちをこの家に住むお子様にも肌で感じてもらい、日本的なものを誇りにして成長していただければと思っている。

イメージ01

ご存知の通り、日本建築はもともと平屋つくり。延々と続く廊下やつながり合う和室があり、そこに縁側や濡れ縁、広縁が配されるなど、空間が連続して横に展開していくという特徴がある。たとえば、桂離宮をイメージしてもうらうとわかりやすいかと思う。家の中と外の関係がかなり曖昧なつくりだ。このように室内のような室外や、室外のような室内を家の様々な場所につくって、自然を楽しむ。そんな開放的で心地よいスタイルを今回実践している。そのひとつが、大きな柱に囲まれた軒下・縁側空間。そこに象徴的に設えたリビングやダイニングへとつながる大きな開口部をご覧いただきたい。これは完全な室内とも室外とも言えない、日本的な空間の一例。さらに、エントランスから和室へと土間を伸ばし、空間のつながり感を創出した。建具の設置も必要最小限とし、室内での目線がよく通るように工夫している。階段部とスキップフロアに設けたガラス貼りの手すりは、エリア性を保ちつつ、空間の連続性を切らないための設え。住まいのつながりと開放感を追求し、DNAレベルで日本人が快適だと思える家ができたと感じている。

インパクトとディティールが生み出す、粋なジャパニーズモダン。
イメージ02

ジャパニーズモダンの新スタイルを目指して。これを表現するにあたり、まずは縦格子や三和土(たたき)など、日本の表情としてはおなじみのものを意識的に取り入れることからはじめました。そこにモダンなタイルやミラー、ヨーロピアンファブリックのクッションなどをコーディネート。アクセントカラーにはブルー系を使い、木部にはブラックウォールナットを多く採用するなど最新のトレンドもスパイスとしてきかせています。

イメージ03

住む人に壁を感じさせず、大空間を楽しんでもらいたい。そのために空間と空間を素材でつなぎ、連続性を持たせている。エントランスホールの白いタイルを居室にまで引き込んでいるのは、その一例。吹き抜けの空間も、どこから見ても違和感のないトーンで仕上げた。このように移動しても空間イメージが変わらないことによって、部屋を広く感じていただく工夫は、オリジナルだと自負している。

カタログを請求する
「Natural Open STYLE」は流山おおたかの森モデルハウスでご覧いただけます。