& Stories by Mitsui Home

MITSUI HOME TOP
  • facebook
  • instagram

LIFESTYLE

"おうちおもてなし"は、ハンドメイド1つでOK。

SEP.27.2017

〜「がんばらない」と「ステキでいたい」を両立できるエアリーな暮らしのコツ〜

家族も友人も、みんなが心地よく過ごせるエフォートレスな暮らしづくり。「THE AIRY LIFE」は、「がんばらない」と「ステキでいたい」を両立させるティップスを毎回ご紹介しています。

おもてなしの達人、フードコーディネーター&スタイリスト黒田祐佳さんに今回教えていただくのは、時間がない時でも失敗しないおもてなしの食卓について。簡単にできる万能レシピと、盛り付けの工夫。そして、手間をかけずにおもてなし感を出す上手な方法など、黒田流のアイデアがいっぱいです。

ハンドメイド1品でも、心づくしのテーブルに。

138_content_01.jpg

「おもてなしのお料理はもちろん手作りで用意したいのですが、十分な準備の時間がない時は市販のものも活用していいのでは? 1から10まで完璧にしようと頑張りすぎないで、もっと気軽に考えていいと思います。フルーツやチーズ、プロシュートなど、そのままお出しできるものを思い思いに並べて、アクセントにハーブやスパイスを添えるだけでも見た目も華やかな盛り付けに。ただし、買って来たものを並べただけでは味気ないので、1品だけハンドメイドのものを加えるのが上手なおもてなしのコツ。私のおすすめは、材料を混ぜて焼くだけで簡単に作れる今大人気のパンケーキです。人が多く集まる時は小さいサイズでたくさん焼いてお出しします。重ねても可愛いし、クリームやディップ、トッピングを何種類か用意すれば、あとはゲストにお好みの組み合わせをセルフで作って楽しんでもらえます。調理や準備の手間に追われて家族やゲストとの会話が少なくなってしまう事もありません」。こんな自由でステキなテーブルを囲んで過ごしたら、会話も弾むこと間違いなし! あっという間に時間が過ぎてしまいそうです。

朝、昼、夜にアレンジできる万能パンケーキ。

「このパンケーキ、簡単なだけでなくとっても万能!トッピング次第で、朝、昼、夜と自在にアレンジできるんです。朝はバターでソテーしたバナナにさっぱり仕上げた生クリームを添えて。キャラメルクリームをかければ、甘い香りに食欲がそそられます。昼はスクランブルエッグとハム、グリーンを添えて。スパークリングワインや白ワインを合わせれば、なんとも贅沢なランチタイムが過ごせそう。夜はひと口サイズのカナッペ風オードブルにして、ホームパーティでも大活躍。シチュエーションに合わせてクロスやお皿も自分流に工夫して選ぶと、さらに楽しみが広がりますよ」。こんな変幻自在の万能パンケーキレシピ、ぜひ試してみては?

138_content_02.jpg

基本のパンケーキ


「基本のレシピを覚えておけば、あとはトッピングやサイズを変えるだけでバリエーションが楽しめます。溶かしバターを生地に混ぜ込むのがポイント。テフロン加工したフライパンなら、生地をそのまま流して焼いて。きれいな焼き色がつきます」

材料(約8枚分)

A:薄力粉200g

ベーキングパウダー10g

砂糖30g

塩2g

B:卵2個

牛乳200mL

溶かしバター40g


1.ボウルにAを入れる。別のボウルにBを入れて混ぜ、Aに加えて混ぜ合わせる。

2.フライパンを熱し、レードル1杯ほどの生地を流す。プツプツしてきたらひっくり返し、裏も焼く。

138_content_03.jpg

キャラメルとバナナのパンケーキ


「休日の朝にぴったりのレシピ。キャラメルクリームは手軽なうえに、冷蔵庫で2週間ほど保存できます。キャラメルクランチはスーパーなどで手に入るので、仕上げにぱらりと散らしてください。見た目がグンとランクアップ! カリカリの食感もクセになる美味しさです」

材料(4人分)

基本のパンケーキ

〈トッピング〉

バナナ6本

バター大さじ2

生クリーム100mL

グラニュー糖大さじ1

キャラメルクランチ適量

〈キャラメルクリーム〉

グラニュー糖150g

水50mL

生クリーム100mL


1.キャラメルソースを作る。小鍋にグラニュー糖と水を入れて沸かし、好みのキャラメル色になったら、生クリームを一気に入れる。勢いよく湯気が立つので注意する。

2.トッピング用生クリームとグラニュー糖をしっかり泡立てる。

3.基本のパンケーキを焼く。

4.フライパンにバターを溶かし、縦に半分に切ったバナナの切った面を焼く。

5.パンケーキ、バナナ、生クリームを皿に盛り、キャラメルクリームをかけてキャラメルクランチを散らす。

138_content_04.jpg

スクランブルエッグとハムのサラダパンケーキ


「ホテルランチのように華やかなのに、とっても簡単。スクランブルエッグは、高温に熱したオイルに卵液を流したら、10秒ほどで仕上げるのがポイント。焼き上がったらすぐにパンケーキに乗せられるように準備してください。スクランブルエッグを上手に仕上げるためのゴムベラも忘れずに。ハムが味の決め手なので、美味しいものをセレクトして」

材料(4人分)

基本のパンケーキ

厚切りハム8枚

粒マスタード適量

卵8個

塩小さじ1/4

オリーブオイル大さじ3

ベビーリーフ適量

トレビス2枚

ミニトマト12個

A:塩小さじ1/4

 白バルサミコ酢大さじ1

 EXVオリーブオイル大さじ2


1.Aの材料を混ぜ合わせ、ドレッシングを作る。

2.基本のパンケーキを焼く。

3.皿にパンケーキと厚切りハムを盛りつけておく。

4.スクランブルエッグは、卵と塩をフォークで混ぜ、オリーブオイルをしっかりと熱したフライパンに一気に流して。ゴムベラで卵を混ぜ、ふわふわのうちに皿に盛る。

5.Aのドレッシングでベビーリーフとトレビス、ミニトマトを和えて盛りつけ、仕上げに粒マスタードを添える。

138_content_05.jpg

パンケーキカナッペとホットワイン


「少しひんやりする秋の夜長には、ホットワインと大判のストールのご準備を。スイートスパイシーなホットワインは、はちみつやザラメを入れて少し甘くするのもおすすめ。アルコール分がとんでしまうので、沸かさないように気を付けて」

〈パンケーキカナッペ〉

材料(4人分)

基本のパンケーキ半量

サワークリーム適量

生ハム適量

スモークサーモン適量

ミニトマト適量

ディル適量

チャイブ適量

ピンクペッパー適量

いちじく適量

ピオーネ適量

枝付きレーズン適量


1.基本のパンケーキの生地をカレースプーンですくって小さく焼く。

2.サワークリームを塗った上に生ハムやスモークサーモン、ミニトマトやハーブ類を乗せる。

〈ホットワイン〉

材料(4人分)

赤ワイン500mL

砂糖大さじ5

オレンジスライス4枚

クローブ12粒

スターアニス4粒

シナモンンスティック4本


1.赤ワインと砂糖、クローブとスターアニス、オレンジを鍋に入れて温める。

2.砂糖が溶けたら火を止め、耐熱のグラスに注ぎ、シナモンスティックを添える。

138_content_06.jpg

127_content_04.jpg

「THE AIRY LIFE」の達人
黒田祐佳 YUKA KURODA

フードコーディネーター、スタイリスト。「ル•コルドンブルー東京校」「リッツ•エスコフィエ•パリ」にてフランス料理•菓子•パンを学ぶ。レストランやカフェなどのオープニング企画やメニュー開発を手がけるほか、TV番組や雑誌におけるフードコーディネートや料理教室など、多岐にわたり活動。

SHARE