& Stories by Mitsui Home

MITSUI HOME TOP
  • facebook
  • instagram
我が家の中心は「ステージ」! <br>音楽と、家族の笑い声に満ちた家。

DESIGN

我が家の中心は「ステージ」!
音楽と、家族の笑い声に満ちた家。

SEP.15.2016

緩やかな勾配の切妻屋根、柔らかな曲線を使った開口部や素朴な質感のふかし壁など、スパニッシュデザインが特徴のこちらは埼玉県のKさん宅。「自分たちの納得のいく家に仕上げたい」と、担当の設計士やインテリアコーディネーターと共に20カ所ものモデルハウスを巡り、理想とするレイアウト、質感、ディテールを探し求めたそう。

Kさんの当初の希望は、小さな子どもがいることから家のどこにいても家族の顔が見えること、また自宅でピアノを教えている声楽家の妻のために専用の音楽室を設けること、子どもたちも楽しめる空間であること、の3点。これらの細かなリクエストに応えたのが設計コンサルタントの前田健次さんだ。

「吹き抜けのあるリビングはダイニング&キッチンと緩やかに繋がっていて、奥へ奥へと視線を誘う構造に。開放的な空間の中に立体的な視覚効果を狙い、スキップフロアを設けました。高低差を作ることで大きな空間にメリハリが生まれるのです。リビングから階段をつなぐスキップフロアは多目的空間として提案したのですが、『子どもたちのための音楽会など、ステージとしても活用できるね』、なんておっしゃっていました」

クラシックな佇まいが好みというKさん夫婦。家の中心であるリビングの床はナラ材をヘリンボーンに貼り合わせるなど、自然素材で上質感を強調している。そんな落ち着いた空間に遊び心とフレッシュさを添えているのが、要所に用いた曲線のディテールだ。階段の手すりやキッチンとリビングとの境に用いたのは、音符を模ったアイアンワーク。柔らかな曲線でデザインされた、ドアを彩るステンドグラス。ガレージの上のスペースを利用した中二階の和室には、アイアンとすす竹をあしらった丸窓を作った。

131_content_01.jpg

もうひとつ、Kさん夫婦の思いを形にしたのが階段下に設けた「プレイロット」。当初は奥行きのある収納スペースにするつもりだったが、とある美術館でヒントを得た夫婦が「子どものためのマルチスペースを」とリクエスト。打ち合わせを重ねた結果、天井を高く取り、カラフルなタイルを入り口にあしらった、小さな秘密基地が完成した。小さなドアの奥に広がるのは、本棚や遊び道具を詰め込んだ、子どもたちのいちばんお気に入りの遊び場だ。

子どもも大人も楽しめる自宅を手に入れて、「将来はここで小さな音楽会を開ければ」と、夢が広がるKさん夫婦。開放的なリビングにはいつも、家族の笑い声と優しい音楽の調べが響いている。

131_content_02.jpg

SHARE