三井ホーム × VERY 3世代ハッピィプロジェクト 新二世帯住宅「トロワ」、誕生!雑誌VERYと理想の二世帯住宅を考えるプロジェクトの成果を受け、3世代が楽しく暮らす家「トロワ」が生まれました。ここでは、VERY1月号まで5ヶ月にわたった連載誌面をご覧いただけます。 三井ホーム×VERY Vol.5 三井ホーム×VERY 3世代 ハッピィプロジェクト、完結編!いつかは手に入れたい、理想の二世帯への道

三井ホームとVERYが一緒に考えてきた「3世代ハッピィプロジェクト」も、いよいよ完結編!
今回は、二世帯住宅で暮らす家族の、とある一日をお届けします。
主人公は、子育てしながら仕事も頑張る30代の主婦という、みなさんと等身大のワーキングマザー。独立した空間を持ちながらも、ドア一枚で行き来できる〝隣居感覚〟の二世帯住宅で、時には両親の手をちゃっかり借りつつ、毎日をストレスフリーに。
そんな二世帯暮らしの魅力とコラボレーションの集大成をご紹介します。

line

Part1 VERY presents 3世代家族物語 ワーキングマザーの毎日は分刻み! でもストレスフリーな動線&機能満載の二世帯住宅で暮らし始めてからは、時には両親の手も借り、家事も育児も余裕を持ってこなせるように。以前より家族みんなが笑顔で過ごせる時間が増えた一家の、とある一日をのぞき見してみました。 [出演家族構成]【ママ】紗弥(31歳)家事と育児と仕事、3つを両立中のワーキングマザー。憧れだったオープンキッチンに立つのと、インテリア雑誌を眺めている時間が好き。【パパ】博人(41歳)以前のマンション暮らしでは叶わなかったけれど、二世帯住宅を建てて初めて、寝室の一角にできた自分だけのスペースがとにかくお気に入り。【娘】エミリー(4歳)ママが可愛く飾り付けてくれた子ども部屋のおかげで、最近自立の兆候が見られつつも、まだまだママのそばが一番。【沙弥の母】年子(59歳)毎晩、寝る前に孫が会いに来てくれるのが目下の楽しみ。2階の子世帯に行く時は、わざと足音を立てて「行くわよ~」の合図を。【沙弥の父】幸三(60歳)体を動かすのが大好きなアクティブ派。本日は仲間との泊まりゴルフで早朝より外出のため、残念ながら出番はなし。

Scene1 07:30 気持ちのいいダイニングキッチンから朝時間がスタートScene1 image
Scene2 08:15 手洗いスペースも完備の広々とした玄関ウラ収納は使いやすさ抜群Scene2 image
Scene3 16:00 コネクティングルームならおもちゃの境界線も引きやすいScene3 image
Scene4 18:00 夕食の準備をしながら子どもとコミュニケーションで一石二鳥!Scene4 image
Scene5 20:00 子供部屋のソファスペースは読み聞かせに最適
Scene6 21:00 家事や残業だって私だけのスペースがあるから、はかどる!Scene6 image

line01
ページトップへ

Part2 三井ホームの新商品「トロワ」からVERY目線でPick up!「あったらいいな」を叶えたストレスフリーポイント 舞台となったのは、三井ホームの新商品「トロワ」。VERY世代のママたちが「あったらいいな」と思うポイントを三井ホームとVERYが提案します。こんな家なら、ストレスなく暮らしを楽しめそうです。
寝室のパパ'sステーション ゆったり玄関ウラ収納 多目的コネクティングルーム広々、シンプルなオープンキッチン ツインボールの洗面スペース魅力的な共有バルコニー リビング内のプチ収納 LDそばのダイニングスタディトイレのマグネット壁 家事動線上のプチ・リュクス ウチナカ物干しフック
洗面所 母スペース父スペース キッチンダイニング 寝室 廊下

親世帯にも家づくりの参考にしたいポイントがたくさん!グレージュカラーでセンスよくまとめられた親世帯は、清潔感と高級感を併せ持つ洗面所や廊下のタイル(1・7)、子世帯同様、夫婦それぞれの専用スペース(2・3)や、グレーのタイルが格好いいキッチン(4)などに「素敵!」の声が多数。吹き抜けが開放感抜群のダイニング(5)は、見上げると2階の子世帯と窓でつながっています。家具で緩く仕切った夫婦の寝室も同じくグレージュトーンで(6)。子世帯とはまた一味違う、落ち着いたインテリアも魅力。

line01
ページトップへ

Part3 読者座談会 「こんな二世帯住宅なら、3世代ライフも楽しそう!」二世帯住宅経験者&未経験者のVERY読者に、「トロワ」のモデルハウスを体感しての感想をお聞きしました。
藤井恵里子さん 大阪府茨木市在住(37歳) 松下夕起さん 大阪府茨木市在住(27歳) 霊山好美さん 大阪府茨木市在住(38歳)

藤井恵理子さん(以下藤井 敬称略) もう、夢のようよね! 広いし、インテリアも素敵だし……。子世帯のファミリークロゼット(3)もすごく使いやすそうだし、親世帯のお母様専用クローゼットなんて、もう羨ましすぎる(笑)。
松下夕起さん(以下松下 敬称略) 私は子世帯のママ専用スペース、プチ・リュクスがいいな。今は実家の2階に私たち家族が居候しているんだけど、もちろん私専用のスペースなんてあるわけなく、PCなんかはリビングのテーブル上でやっているの。こんなスペースがあったら……。
藤井 座ったまま家族の様子も見えるし。でもLDから丸見えではないのでちょっとくらい片付いていなくても安心よね。
霊山好美さん(以下霊山 敬称略) 私はダイニングにあるスタディコーナー(1)がいいなと。子どもたちにはそれぞれに勉強部屋を作ったのだけど、親に見てほしいと結局、ダイニングテーブルで勉強をしている。食事のたびに広げた勉強道具をしまって……と、何となくいつも片付かなくて。
藤井 うちもLDK横の和室に子どもの勉強机を置いているし、ダイニングテーブルにも広げてる。やっぱりみんなが居るところで勉強したがるんだよね。こうゆうスペースがあればいいんだなと思った!

「棚の中まで可愛い♥」「はずれる室内干し、便利そう〜」「ママ専用なんて素敵!」

霊山 あと、うちは「玄関は広い方が」と親世帯と共有にしたのだけど、子どものお友達がたくさん遊びに来ると大変なことに! 親もびっくりしちゃって、玄関は別にすべきだったなと。さらに子どもが靴を脱ぎ散らかしたりしても見えない、家族用の収納と動線が裏にあるのは理想的。
藤井 しかも洗面所がついていて、帰宅後の手洗い習慣がつくのもよさそう。
松下 3階建てでもエレベーター(2)付きだから買物帰りも苦にならない(笑)。
霊山 親が階段の上り下りが大変になっても安心よね。我が家も親世帯はバリアフリーにしたけど、エレベーターまでは……。
藤井 子ども部屋も可愛かった~。読み聞かせ専用のスペース(5)もいいよね。3階から2階へのランドリーシューターや室内干し用のフックまであって、すごく便利。ユーティリティは収納の中まで可愛くて、家事をするにも気分がアガりそう。
霊山 ほんと、毎日ワクワクしそう。そうそう、リビングの扉がガラス(4)になっているのは、うちも同じだなと。

読者はココに注目!

松下 あれって理由があるの?
霊山 自分の親でも突然来られるのは嫌だから、上がってくる気配がわかるよう、階段の一部とリビングの扉をガラスに。夫が家に居る時は両親も気を遣ってあまり来ないけど。
松下 なるほど。我が家は母が洗濯物を干しに2階に上がってくる以外は、私たちが1階の両親の部屋に入り浸り。時々早く2階に上がれオーラを感じるのよね(笑)。完全同居の生活で、唯一不自由しているのがキッチン。母と二人で立つのは無理なので曜日を決めて当番制にしているんだけど、冷蔵庫が一緒なのも何かと不自由で。もしこの先自分の親と二世帯住宅を建てるとしたら、ご飯は一緒に食べても、ミニキッチンくらいは別に確保したい。
霊山 我が家もキッチンは別だけど平日の夜はたいてい親と一緒に食べるから、洋食は私、和食は母と役割分担制に。二世帯暮らしになって、子どもたちに対して余裕を持って接することができるようになったし、何より子どもたちが一番喜んでるかな。
松下 子どもを両親に預けての外出はなるべく控えているけれど、いざという時に見てもらえる安心感もある。
霊山 それも大きいよね。私は夜、子どもたちが寝た後に一人で映画を観に行ったりと、以前はできなかった楽しみも増えたの。先々誰かが病気になったりしたら、大変だとは思うけど、でもそんな時も、家族お互いが助け合って乗り越えられる気がする。
藤井 二人の話を聞いていると、なんだか3世代で暮らすのって、楽しそう! こんな素敵な二世帯住宅ならなおさらよね。

撮影の舞台になったのは…… 三井ホームがシェア&コネクティングをコンセプトに新提案する3世代住宅「トロワ」。随所にVERYと考えた「ストレスフリーポイント」が。自分らしい生活が気がねなく送れる完全独立型で、中で行き来できる扉で繋がっています。共有スペースとして、コネクティングルーム、玄関ポーチ、バルコニー、エレベーターなど。
「トロワ」のご紹介はこちら

クイック チェック 私のHappy二世帯づくり診断 あなたにオススメのカタログセットをプレゼント!

line01
ページトップへ

「二世帯住宅」に関するお問い合わせはこちらに