三井ホームと考える「子どもを育む家づくり」
			家づくりにおいて、親として子どもにできること。
子どもを育むことは、
家族の絆を育むことにつながります。
親子の絆をさらに強く深くするのは、心の通った温かいふれあいです。
親として、子どもの成長をじっくりと見守りコミュニケーションの大切さを意識した住まいづくりを心がける
ことが大切です。
三井ホームが、さまざまなつながりを見つめなおし、“Live together〜共に暮らす”の表現という発想で、子ども
と一緒に過ごす時間を大切に又、暮らしを楽しむための新しい空間設計を盛り込んだ住まいを紹介いたします。
家族が自然に集うコモン(共有)スペースを住まいの中央に設け
子どもともっと触れ合うことができ、家族がより密接につながる住まい。
Do-common家族のそばで思い思いのことを楽しめる“する場所” “使える ”場所の家族空間「Do-common」。Be-commonリラックスを自由自在に味わえる、これまで以上に心地いい家族の“居場所”「Be-common」。
子どもを育む家たち(商品紹介)子どもと過ごすパパを応援するスペシャルサイト papa@homeへ
子どもを育む家のプラン(間取り)の工夫
CLICKしてスキップラウンジへCLICKしてダイニングキッチンページへ
CLICKしてホームライブラリーへCLICKしてドッグスペースへ
子どもを育む家たち(商品紹介)
写真:L.T
L.T 〜もっと、家族とつながるために〜

「L.T(エル・ティ)」は、これまでの「LDK」の概念を見直し、“する場所”
“使える場所”の家族空間「Do-Common」(ドゥ・コモン)、心地いい家族の“居場所”「Be-Common」(ビー・コモン)、いろいろ楽しめる食卓「Do・Be-Dining」(ドゥ・ビー・ダイニング)を提案、そして家族が同じ空間に集まるきっかけとなる、「ホームシアターリビング」を提案した家です。

L.Tの商品紹介L.Tのカタログ請求
写真:Laisonte
Laisonte 〜つなぐ、つながる、広がる家〜

「Laisonte(レゾンテ)」は、子どもの成長に合わせて変化する家。「ママと子どもとの関係」に注目して、「お母さんと子どもの目線」から住まいのあり方を考えました。
家族みんなの共有スペースとして「Family Common(ファミリーコモン)」を提案。Kid's Living(キッズリビング)やM's Working(エムズ・ワーキング)などを含む、この空間は家族とともに成長します。

Laisonteの商品紹介Laisonteのカタログ請求
写真:トコトコ
トコトコ 〜心もはずむ、スキップフロアの家〜

空間を壁で仕切らず、床の高さを変えながら立体的にエリア分けするスキップフロア。それぞれがほどよくつながっているから、どこにいても家族のぬくもりが伝わります。環境にも人にもやさしい自然素材の木を用い、構造の強さと高気密・高断熱を誇るツーバイフォー工法だから実現できたやさしく強く心地よいスキップフロアの家。楽しいコミュニケーションが広がる子育て家族にぴったりの住まいです。

トコトコの商品紹介トコトコのカタログ請求
子どもを育む家たち 商品カタログ請求子どもを育む家づくりに関するご相談は・・・ 住宅建築・設計相談デスク子どもと過ごすパパを応援するスペシャルサイト papa@homeへ
プライバシーステートメント サイトご利用上の注意
L.T Laisonte トコトコ 三井ホームTOPページへ 子どもを育む家のプラン(間取り)の工夫