写真 前の写真
  1. スタイリッシュな外観 2階が道路に接し、1階は斜面に沿って作られ、道路側からは見えません。四角い小窓をポイントに、リズミカルに並ぶ塀も一体に計画されています。
  2. リビング・ダイニング 大きなリビングダイニングの窓から居ながらにして対岸の森を堪能できます。
  3. リビング・ダイニング 左側の窓からは対岸の景色が眺められ、右側の窓からは陽光がふんだんに差し込みます。
  4. キッチン キッチンからも緑豊かな景色が楽しめます。キッチンはコートとのつながりもよく、時には外でティータイムを楽しむことも。
  5. 和室 勾配天井をもつ独特のつくり。前室との間に自立した壁を設け、仕上げを変えてポイントに。
  6. 図書室に続く階段 下りながら窓からの景色の変化を楽しめるように勾配を緩やかに設定。
  7. 図書室 道路より低い位置にあり、自然がより身近に感じられる静謐な空間。読書、音楽などご家族でさまざまな用途に使われています。
  1. 写真
  2. 写真
  3. 写真
  4. 写真
  5. 写真
  6. 写真
  7. 写真

兵庫県 J様邸 居ながらにして対岸の緑を堪能できる傾斜地に建つ“森の図書館”

「緑に囲まれ小高い山の中腹にある環境を活かし、図書館のような静かな部屋のある家をつくりたい」という想いをもって取り組まれた家づくり。
ほぼ90%が斜面という敷地の形状から、柔軟な設計が可能で構造的に強固なツーバイフォー住宅を選択されました。
建物は斜面に沿って建つ3階建てで、道路に面する部分の2階に玄関とLDKを設け、コートをはさんで離れに和室を配置。3階に寝室と浴室、1階に図書室と書庫という構成。
各階とも大きな開口部を設け、敷地の下に流れる小川の対岸に広がる緑を手に取るように眺めることができます。

設計のポイント

敷地を活かし、絶好のロケーションをどこからも楽しめるプランを構築

“森の図書館”というテーマをもとに、北東側の緑をどう取り込むか、傾斜地という条件を逆手に取り、その特徴を利用した設計が焦点になりました。
特に留意したのは窓の配置、外部環境との関わり。
生活のあらゆるシーンの中で自然の様々な表情を楽しめるように計画しました。

インテリアのポイント

四季折々の美しい景色を際立たせるシンプル・モダンなインテリア

窓から見える外の景色とのバランスをとるために色使いを抑え、ホワイトを基調に構成にしました。
その中で2階と3階を結ぶ階段にはブルーのカーペットを敷き詰め、2階から1階の階段と図書室の床は濃い茶系で仕上げてフロアの違いを明確化。
離れの和室は「凛とした空間が欲しい」というご希望に答えるべく設えました。

DATA

  • 敷地面積/337.72m2(102.16坪)
  • 建築面積/103.56m2(31.32坪)
  • 1階床面積/41.50m2(12.55坪)
  • 2階床面積/73.13m2(22.12坪)
  • 3階床面積/58.55m2(17.71坪)
  • 延床面積/173.18m2(52.38坪)
建物・仕様は、地域・敷地条件やお客様のご希望プラン等により掲載の内容(写真・イラスト・数値等)と一部異なる場合やオプションの設定になる場合があります。
商品の仕様は改良・改善のため予告なく変更し、また使用できなくなる場合があります。