長野県北佐久郡 カフェ「あざみ」 | 店舗・店舗併用 | 戸建住宅 | 〈公式〉三井ホーム(注文住宅、賃貸・土地活用、医院・施設建築、リフォーム)

暮らし継がれる家 三井ホーム

戸建住宅HOME

検索

MENU

長野県北佐久郡
カフェ「あざみ」

自家焙煎のコーヒーと手づくりの軽食。
地域に交流の場を提供する避暑地のカフェ。

優美な白いサイディングの外壁に、草花や樹木のグリーンが映える「カフェあざみ亭」。
観葉植物や絵画が飾られた明るく開放的な店内は、木やレンガなど自然素材の風合いに心が和み、
長年のリピーターのお客様はもちろん、地元の人々にも交流の場として親しまれています。

通りに面した好立地のあざみ亭の外観。建物の背後は自宅とつながる。毎週水曜開催の「縁側 野あざみ」に訪れる高齢者のため、入り口には車椅子用のスロープを設けた。

リタイア後の夢を叶え、
別荘地に建てた自宅併用店舗

古くから別荘が立ち並ぶ軽井沢。リゾート地として有名なこの地に、ご主人の定年を機に清水様ご夫妻がカフェあざみ亭をオープンしたのは平成7年のことでした。
「定年を迎える10年前から、両親が残してくれた地で暮らそうと考えていました。広さにゆとりのある敷地だったので、ペンションやマンションなども考えましたが、次女が調理の学校で学んでいたこともあり、最終的には自宅併用のカフェを建てようと決めたのです」とご主人。
洒落たベイウィンドウやポーチコラムのある白く美しい佇まいは、ご夫妻が4年の歳月を費やして綿密に計画されました。
「住宅展示場でモデルハウスを見て、三井ホームの垢抜けしたデザインやメンテナンスに優れている点がとても気に入りました。屋根材にはダブルシールドパネルを採用しているおかげでとても快適です」とご満足そうに語られる奥様。寒冷地でありながら、店内は冬でも石油ストーブひとつで暖房がまかなえ、クンシランやシクラメンなどが陽射しを浴びて咲き誇っています。

かつてこの場所にはたくさんのノアザミが咲いており、それが店名の由来になったという。
新築時にはまだ無かった洒落たデザインの照明は、瀟洒な外観のアクセントになっている。
丹精込めて育てた鉢やプランターの草花が、店の前でお客様をやさしく出迎える。
寒冷な土地柄に合わせて栽培された可憐な花が、リゾート地に初夏の訪れを告げる。

長年お世話になった地域に、
社会貢献という形で恩返し

お客様の多くは別荘で暮らすご常連さん。ご主人のいれる自家焙煎のコーヒーと、奥様手づくりのケーキや軽食をお目当てに、関西から訪れるお客様もいらっしゃるとか。
「オープン当時は店の駐車場に外国の高級車が並び、地元の人々には敷居の高い店と思われていたようですね。でも周辺の環境が変わり、今では当初ほど忙しくはないので、私たちの体力にはちょうど良いぐらいです」と語るご夫妻は、1年前から地域の人たちと交流する新たな取り組みをはじめました。
毎週水曜日は「縁側野あざみ」と名付けてお店を開放し、誰でもひとり100円の参加費でコーヒーや紅茶のおかわりも自由。みんなで一緒に食事をしたり、ときには音楽コンサートを楽しんだりするそうです。
「長く働いてきたのでそろそろ店を畳もうとも思いましたが、周囲には歳を重ねてひとり暮らしになる人たちがいます。そこで誰もが集い、ほっとできる居場所をつくりたいと思ったのです」と奥様。今では高齢者を中心に地域の人々の拠り所となり、交流の輪も広がっています。

静かで落ち着いた店内は読書にも最適な穴場。
カウンター内で挽き立てのコーヒーをいれる清水様ご夫妻。
カウンターの背後の棚には国内外の高級洋食器ブランドを集めた、自慢のカップ&ソーサーがずらりと並ぶ。
奥様手づくりのパスタはお客様に大好評。この味を求めてリピーターになる方もいらっしゃるとか。
店内の壁には著名な画家の作品に混じって、趣味で絵を描くご主人の作品も飾られている。
年季の入ったコーヒーロースター。あざみ亭ではコーヒー豆の種類や焙煎も選んで楽しめる。
以前は著名人も訪れたという店内のインテリアは創業当時と変わらない。

Café あざみ亭

〒389-0104
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東89
TEL:0267-41-5118
OPEN:10:00~17:00
定休日:火曜日駐車場あり

other cases

店舗、店舗併用一覧に戻る