長野県佐久市 ケーキショップ「Aimer(エメ)」 | 店舗・店舗併用 | 戸建住宅 | 〈公式〉三井ホーム(注文住宅、賃貸・土地活用、医院・施設建築、リフォーム)

暮らし継がれる家 三井ホーム

戸建住宅HOME

検索

MENU

長野県佐久市
ケーキショップ「Aimer(エメ)」

店舗にもスイーツにも、パティシエの感性が香る。
地元で愛され続けて30年のケーキショップ。

まるでパリの街並みを連想させるようなエレガントな佇まいのケーキショップ「エメ」。
明るく清潔なホワイトを基調としたインテリアは、お客様に洗練された非日常的な空間を提供し、
地元の方々だけにとどまらず、広く県外からも訪れる人が絶えない名店として知られています。

ジュエリーショップをイメージしたというシンメトリーで美しい外観。スロープを設けてベビーカーや車椅子のお客様にも配慮している。

洋菓子を楽しむひとときを
地元の皆様にお届けしたい

市街地の通り沿いに建つ「エメ」は、瀟洒なデザインの佇まいが道を行く人々の目を引きつける、おしゃれなケーキショップです。
「今から30年前、地元ではあまり馴染みのなかった洋菓子を紹介したくてこの店をはじめました」というオーナーパティシエのU様。東京の調理師の学校を卒業後、フレンチレストランやパティスリーで修業を積む間に洋菓子づくりに魅了され、地元に帰って店を開業しました。
当初は別の場所でテナントとして営業していましたが、都市計画による道路拡張で店を移転することに。折しも奥様のご両親の家が古くなったのを機に、建て替えて1階部分を店舗にしようと考えたそうです。
「たまたま三井ホームのモデルハウスへ足を運んだ際、お会いした営業所長さんがうちの店のお客様で、二十数年前に結婚されたときに私がウエディングケーキをつくったというご縁があったのです」とおっしゃるU様。三井ホームが提案したデザインは、まさに思い描いていたとおりで一目惚れし、平成27年に現在のお店を建てられました。

看板などは設けず、唯一チョコレート&洋菓子の
お店であることをさりげなく伝える門柱のプレート。
旅先でも建築の写真を撮るのが趣味という、建築好きなご主人がこだわったエントランスのキャノピー。
建物の存在感を増す美しいアクセントになっている。
おふたりだけで店を切り盛りし、
常に笑顔でお客様をお迎えするU様ご夫妻。

非日常的な雰囲気が漂う、
いつまでも愛され続ける店

「思い描いていた店舗イメージは、ジュエリーショップのような外観デザインで、看板をつけずに店舗を存在感だけで表現したかったのです」というように、新しい店舗はエレガントな佇まいでパリの高級店を彷彿とさせます。吹き抜けのシャンデリアが美しいシックな店内は、ご常連のお客様たちから、非日常的な雰囲気を味わえると好評だとか。
地元産のフルーツや食材を使った手づくりのケーキやチョコレートなど、上品で贅沢な味わいへのこだわりが評判になり、自分へのご褒美やフォーマルな手土産としてご利用されるお客様が多いそうです。
新たに設けられた喫茶コーナーはとても居心地が良く、静かにお茶や読書を楽しむお客様が見受けられます。中には半日ほどゆっくり過ごされる方々もいて、地元に数少ない大人が楽しめる場所として人気スポットになっているようです。
「店名はフランス語で〈愛〉という意味で、皆様に長く愛されるようにという気持ちを込めました」とU様。その願いどおり、今や地元で愛され続ける老舗となりました。

シックなインテリアでまとめられた店内。明るくエレガントな空間は、訪れるお客様を非日常的な雰囲気で包み込む。
ご主人がこだわった入り口正面の壁は、ワインを貯蔵する古いカーヴの表情豊かな壁をイメージしている。
季節限定のシャインマスカットを使ったホールケーキ。
オリジナルのケーキは味覚だけでなく、色や形で目も楽しませてくれる。
ショーケースに並ぶチョコレートは店の人気商品。
喫茶コーナーでいただくケーキは、店内の雰囲気とともに格別の味わいが楽しめる。
店の奥にある厨房で生クリームを泡立てるご主人。お菓子づくり一筋でご家族を支えてこられた。

Aimer
エメ

〒385-0051 長野県佐久市中込3458-1
TEL:0267-88-6548
OPEN:10:00~19:00
定休日:木曜日(祝日の場合は営業)
※夏期定休日:水曜日、木曜日
駐車場あり
http://aimer-saku.com

other cases

店舗、店舗併用一覧に戻る