維持管理システム | 環境・社会活動 | 注文住宅の三井ホーム | ハウスメーカー ・ 住宅メーカー

暮らし継がれる家 三井ホーム

企業情報COMPANY

検索

MENU

維持管理システム

三井ホームグループステートメント「暮らし継がれる よろこびを未来へ」を実現するためには、住まいの長寿命化が重要になります。新築・既築にわたって永く住み続けるための技術とサービスを提供し、ライフサイクルで環境負荷を低減する、住まいの長寿命化を推進します。

エコ・アクションプラン2020の達成に向けて

木材は炭素を多く貯蔵するため、住まいの品質性能維持と長寿命化は、環境負荷の低減と資源の節約につながります。三井ホームでは、築後60年にわたるメンテナンスプログラムを策定しており、ライフサイクルで環境負荷を低減するため、60年間の定期点検とメンテナンス実施の普及を目指します。

暮らし継がれる住まいを目指して

長寿命化に向けた高い基本性能をベースに、アフターメンテナンスの充実とさらなる普及を目指し、暮らし継がれる住まいをサポートします。

建物長期サポートシステム

三井ホームの「キープウェル」は、建物お引き渡し後、10年ごとの点検とメンテナンス工事を組み合わせ、長期にわたる品質・性能の維持をサポートするしくみです。

メンテナンスプログラムの普及促進

定期的に適切なメンテナンス工事を実施することで、長期間、快適に生活していただくことが可能となります。三井ホームでは、住まいの長寿命化を図るため、注文戸建専用住宅において、長期優良住宅と高耐久住宅の推進等による、メンテナンスプログラムの普及率向上を目指しています。
今後、より普及するための活動を推進していきます。

メンテナンスプログラム普及率
メンテナンスプログラム普及率
2016年度実績 84%
2020年度目標 95%

定期点検とメンテナンス工事の普及促進

より永く快適にお住まいいただくために重要なのが定期点検です。
10年点検時のメンテナンス工事実施率向上に向け、勉強会の開催等の諸施策を実施しました。20年点検については、部位別のメンテナンスご説明用パンフレット等によりメンテナンス工事の重要性について、お客様への啓発を図っています。