暮らし継がれる家 三井ホーム

企業情報COMPANY

検索

MENU

三井ホーム コンサルティング事業部

  • お問合せ
  • 資料・カタログ請求
  • アクセス

入居者ニーズにマッチした設備仕様

入居者に暮らしの心地よさを。入居者ニーズを満たす高い性能と安心・安全配慮。

夏涼しく、冬暖かい。一年中快適な空間を実現。

プレミアム・モノコック構法の優れた基本性能に加え、独自の技術や工夫でさらなる断熱・気密性を高めた三井ホームのアパート。外気温に影響されにくく、一年中心地よく過ごすことができます。

優れた断熱性を実現するダブルシールドパネル

三井ホームオリジナル部材の「ダブルシールド(DS)パネル」は、環境 にやさしい材料で製造された、優れた断熱性能と高い構造耐力を両立させた建築部材です。屋根自体で熱をはね返すため、室内に熱がこもらず、室内の快適性や省エネ性を向上。居心地の良い室内空間を実現します。

遮熱断熱性の高いサッシを標準仕様

室内側に熱伝導率がアルミの1/1000の樹脂を用いたアルミクラッド樹脂サッシを採用。また、2枚の板ガラスの間に空気より熱伝導率が低いアルゴンガスを封入した高遮熱Low-E複層ガラスにより、高断熱・高遮熱を実現します。

高遮音床を業界で初の標準化。遮音性No1※

RC造に匹敵する上下階遮音性能

各住戸間が壁や床で区切られている賃貸住宅では、プライバシーや音の問題に対してより慎重な配慮が必要です。そこで三井ホームの賃貸住宅「デザインメゾン」では、独自技術を活かした「Mute50(ミュート50)」 RC造の新築分譲マンション(スラブ厚270mm)とほぼ同じ遮音性能を実現。比重を高めることで音を伝わりにくくした「高比重遮音マット」をはじめ、改良した制振パッドや制振バーなどで遮音性能を大幅に向上させ、階上からの音の伝わりを徹底的に防ぎます。メゾネットタイプには「遮音床仕様」を採用。
※大手住宅メーカーの賃貸住宅標準仕様との比較。
 2017年1月現在三井ホーム調べ

さらに高い遮音性を実現する「Mute45」

昨今、遮音性能向上は、高品質な住宅を求める入居者の満足度を高める重要なポイントとなっています。
「Mute45」※は、三井ホームの賃貸住宅に標準仕様となっている「Mute50」の遮音性能をさらに上回る住宅業界最高レベルの床遮音性能を実現しました。重量衝撃音(LH)及び軽量衝撃音(LL)の両方について一般的な鉄骨住宅の床遮音仕様(ALC厚100mm相当)と比べ、約4分の1に軽減します。
※「Mute45」はオプション仕様となっております。

■重量床衝撃音(LH):子どもが飛び跳ねたり、大人が素足で
 ドスドスと歩く時などに、「ドスン」「ガタン」と大きく
 下の階に伝わる鈍くて低い音を言います。
■軽量床衝撃音(LL):スプーンなどを床に落として発生する
 「コツン」という音やスリッパで歩いて「パタパタ」する
 など比較的軽めで高音域の音を言います。

優れた遮音性を実現する二重界壁

三井ホームではメゾネットタイプの隣室との境界に「二重界壁」※を採用。図のように壁を二重に設け、内部にロックウールを充填。入居者のプライバシーを確保しています。
※階段を除く。

入居者の健康を考えた、有害化学物質への万全対策

新築直後に目がチカチカしたり、喉が痛くなる「シックハウス症候群」。その一因は、合板、建具、造作材やクロスの接着剤に含まれるホルマリンから発生するホルムアルデヒドやVOCなどの有害化学物質です。そこで、非ホルマリン系の界面活性剤を使用したクロス用接着剤や、ホルムアルデヒド放散量F☆☆☆☆相当値以下の部資材を使用しています。

人気設備ランキングベスト10

三井ホームは、日々の暮らしを豊かに快適に過ごせるように、入居者の目線に立ってインテリアや設備をセレクトしています。
ゆとりと心地よさ、便利さと機能性、さらに防犯にも配慮した豊かな住空間。それは三井ホームならではのクオリティです。
その中でも、一人暮らしやファミリーなど、入居者のプロフィールはさまざまです。三井ホームは、多様なニーズを考慮して人気の設備を厳選して仕様を決めていきます。

人気設備ランキングベスト10
各戸別インターネット設備やクラウド収納、セキュリティサービスなどを入居者に無料提供。入居者の「もっと快適な暮らしがしたい」というニーズに応えます。
三井ホーム賃貸住宅用 入居者向けサービスパック「Mパッケージ」

入居者の「もっと快適な暮らしがしたい」というニーズに応え、安定した収入のための高入居率賃貸住宅を実現します。

POINT1
戸別専用高品質光インターネット接続設備無料提供
POINT2
ヤフオク!出品サポート付クラウド収納
POINT3
室内遠隔監視カメラによるセキュリティ配慮

ゆとりのボーナススペース「ロフト」

ボーナススペースとして空間を立体的に活用できるロフトは、入居者に人気の高いプランです。ダブルシールドパネルを採用することで熱がこもらず、快適な室内空間として利用が可能です。衣類や日用品、雑貨なども収納できます。視覚的にも広がりが感じられ、家賃にも反映できるだけでなく、安定した入居者確保にも効果を発揮できます。

三井ホーム

三井ホーム株式会社 コンサルティング事業部

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビル16階

0120-321-665
トップへ