暮らし継がれる家 三井ホーム

企業情報COMPANY

検索

MENU

三井ホーム コンサルティング事業部

  • お問合せ
  • 資料・カタログ請求
  • アクセス

土地の税金と土地の価格

1つの土地に5つの値段がある?!土地にはいろいろな税金がかかる?!

まずは、5つの価格が土地にはあることを理解しましょう。このことを知っておくと、土地の税金のことがわかってきます。

売買価格 土地の売買が行われるときに使われる価格。
周辺の価格相場や需給のバランスによって決まってくる。
地価公示価格 国土交通省土地鑑定委員会により毎年1月1日を評価基準日として公示される。
都市と周辺に標準地を選び、1地点につき2つの不動産鑑定により評価。
最新の取引事情や収益性なども加味され、国内の公的な土地評価の基準とも言える。
相続税評価額 国税庁により毎年1月1日を評価時点とし、8月頃発表される。地価公示価格・売買の実例・不動産鑑定士などよる評価などを参考に決定され、地価公示価格の8割が目安といわれる。おもに相続税、贈与税などの基準となる価格。
固定資産税評価額 地方自治体が3年毎の1月1日に見直しを行い、固定資産評価基準に基づき決定され、地価公示価格の7割程度が目安となる。固定資産税、都市計画税、不動産取得税、登録免許税の算定に利用される。
基準地価 毎年7月1日時点の地価が9月頃に公表される基準地価は、公示地価が都市計画区域内を主な対象とするのに対して、基準地価は都市計画区域外の住宅地、商業地、工業地、宅地ではない林地なども含んでいて、調査の主体が都道府県になる。

土地の税金を知れば、税金の軽減方法が見えてきます。

三井ホーム

三井ホーム株式会社 コンサルティング事業部

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビル16階

0120-321-665
トップへ